トップ学部・大学院インターンシップ

インターンシップ

インターンシップとは

■インターンシップ
インターンシップとは、「働く」ことを理解するために企業や行政機関など様々な職場で実際に行う「就業体験」のことです。実際に企業等で働くことで、仕事や企業に対する理解を深め、実社会への適応能力を身に付け、将来自分のやりたいことを明確にすることができます。また、職業の選択能力が磨かれ、やるべきことを発見してその後の勉学への取り組み方が変わるなど目的意識をもつ良い機会となります。

インターンシップ図①

■インターンシップの種類
インターンシップにはその目的に応じて大きく三つのタイプがあります。

インターンシップ図②

■インターンシップ参加で得られるもの
①より具体的な企業研究ができる
 人事や社員の方に直接質問できるので、企業にとって良い話だけでなく、課題や抱えている問題なども率直に質問できます。また、そこで働く人の雰囲気や社風など、ネット上では知ることのできない情報が得られます。
②自己成長を実感することができる
 5日間以上のインターンの場合、得た経験や実績をそのまま就職活動でアピールすることができます。今の自分に足りないものを補うために挑戦することで、実体験に裏付けられたエピソードには自己PRとして強い説得力が生まれます。
③ビジネスマナーや常識などの社会性が身につく
 社会人と接することで座学では限界のある振る舞い方を身体で習得できます。
④採用選考の前にチャンスを増やせる
 インターン参加者の中から内定者が出ているという事実が様々なデータから明らかになっています。実習を通して企業をより深く知ることができるため志望動機が明確になるのに加えて、参加中に時間をかけて評価してもらえるからです。

インターンシップの流れ

インターンシップの流れ

■本学のインターンシップ3つの特徴
その1:PDCAサイクルにのっとったインターンシップ実習を実施します
 実習の前後で集合講義を行います。実習前にインターンの目的、課題の把握をしっかり行い、個人ごとに実習目標を立てて臨みます。実習後は設定目標に対する振り返りと自己評価、今後に向けての新たな課題を設定して来たる就活への備えとします。
 
その2:キャリア別コース制と連係し、関連分野でのインターンシップを実施します
 コースに関連した分野のインターンシップに参加することで、現在学んでいる専門分野により主体的に取り組むきっかけとなることを目的とします。応募先を検討・決定する際には所属コースの指導教員が面談による「指導・助言」を行い、進路についてサポートします。
 
その3:個人やグループでのワーク、プレゼンテーションなど「体験型」授業を実施します
 キャリア別コースごとに編成されたチームで、課題研究や発表を行い、学習内容の理解が深まるよう実践的な授業を展開します。また、後期に課外授業として行うインターンシップ報告会でのプレゼンテーションなど、より実務を想定した経験を得ることができます。
■平成29年度インターンシップ参加者の状況(進路希望に関するアンケート集計から抜粋)

H29進路希望に関するアンケート集計結果(4年生インターンシップ項目のみ)

学生VOICE Vol.1

インターンシップ風景(ダイヤコーポレーション)

K..さん
経営学科所属(千葉県立市原八幡高校出身)
インターンシップ実習先:㈱ダイヤコーポレーション
実習期間:平成29年8月21日(月)~8月25日(金) 5日間

Q:インターンシップに参加しようと思ったきっかけは何ですか?

 自分はどのような仕事がしたいのか、何にやりがいを感じるのかはっきりしていなかったので、インターンシップを通して自分の特性を発見できるのではないかと思ったのがきっかけです。
 イメージだけでは、分からない職場の雰囲気も体感してみたいと思いました。

Q:インターンシップ先を選んだ理由は何ですか?

 元々、日用品や雑貨に興味があり、就職ナビサイトからダイヤコーポレーションさんを見つけました。
 インターンシップ情報を見て、事務作業や商品倉庫でのピッキング、梱包など幅広い業務が体験できると感じたからです。

Q:インターンシップに応募する過程で、どんな選考がありましたか?

 ダイヤコーポレーションさんのインターンシップに応募した際は、特に選考はありませんでしたが、参加動機は問われました。また、事前確認でお電話をいただきました。
 他の日程では、満員で応募できないこともあったので、早めのエントリーが必要だと思います。

Q:5日間のインターンシップに参加されましたが、1dayとの違いは何かありましたか?

 違いを感じたところは、様々な業務に携わることができた点です。
 働くイメージが具体的に持つことができ、職場の雰囲気や環境も体感することができました。

Q:具体的な実習内容を教えてください。

 受注した商品のPC入力作業、値付けシールやパッケージにフック取り付けなどの加工作業、棚から商品を集める品出し、伝票を基に出荷先ごとに仕分けするピッキング、梱包、品質検査など一連の流れを学ぶことができました。

Q:インターンシップで有意義に感じたこと、大変だったことについて教えてください。

 良かったことは、実際に体を動かして業務体験ができたことです。
 大変だったことは、慣れない作業が多かったので、流通業で求められる”正確に早く”を意識することでしたね。

インタービュー風景

Q:インターンシップを通して学んだことや気づいたことについて、詳しく教えてください。

 チームワークが大事だということを痛感しました!
 商品センターでは、一日に何百枚もの伝票が流れることを知り、オフィスで仕事をする社員のみなさんも手の空いている時には、現場を手伝ったり、加工作業をしたりと、チームワークの大切さとコミュニケーションの必要性について再確認できました。

Q:インターンシップに参加することで、将来の希望進路にはどんな影響がありましたか?

 業務体験を通して自分の適性や強み・弱みを知ることができたので、数多くある職種の中から自分の強みを引き出せる仕事は何か?ということをある程度明確にすることができました。

Q:これからの就職活動に向けて、インターンシップの経験は活かせそうですか?

 インターンシップでは、自分の持っているスキルを客観的に知ることができました。
 会社によって求める人材が違うので、自分と会社の特性を踏まえたうえで、企業研究に活かせていきたいです。

Q:これからインターンシップへの参加を考えている後輩に向けて一言お願いします!

 複数日程のインターンシップは、1dayでは体験できないことをたくさん経験できるので、長期休業中などの期間を有効に活用して参加することをお勧めします!

学生VOICE Vol.2

千葉市生涯学習センター

H..さん
経済学科所属(山梨県立甲府南高校出身)
インターンシップ実習先:公益財団法人 千葉市教育振興財団 千葉市生涯学習センター
実習期間:平成29年9月4日(月)~9月8日(金) 5日間

Q:インターンシップに参加しようと思ったきっかけは何ですか?

 ゼミナールの先生や先輩から勧められたのが一番のきっかけです。
 私は公務員志望なので、3・4年次生は受験勉強で忙しくなるだろうと思い、早めに挑戦しようと「インターンシップ」の授業を履修しました。

Q:インターンシップ先を選んだ理由は何ですか?

 将来、就職したいと思う職場の業務に通じるものがあると感じたからです。
 市役所のインターンシップは2年次生でチャレンジするのは難しそうだなと思い、行政的な施設でのインターンシップを希望しました。今回お世話になった生涯学習センターは、行政とのつながりが多く、とても実になる経験を積むことができ、参加して本当によかったと感じています。

Q:インターンシップに応募する過程で、どんな選考がありましたか?

 公的機関のため、キャリアセンターを経由しての応募だったので、選考はありませんでしたが、履歴書の提出の際に志望動機を考える中で、応募先について調べたり将来のプランを改めて考えたりと就活している気分を味わうことができました。

Q:5日間のインターンシップに参加されましたが、1dayとの違いは何かありましたか?

 『お客様(市民)に対する心配り』について授業でもしっかり学んだつもりでしたが、実務の現場では全然実践できず、2日目にリベンジするチャンスをいただくことができました。
 学生気分が抜けていなかったことへの自分自身の甘さを痛感し、働く意識について改めて考えることができました。
 複数日程で参加できたのが、経験値をUPできる一番の成果だったと思います。

Q:具体的な実習内容を教えてください。

1日目:センターの説明、実習内容の確認
2日目:関連施設見学(千葉市埋蔵文化財調査センター)、映画上映運営、イベントチラシ作成
3日目:イベントチラシ作成(テーマ決め・内容詰め)、施設見学(市民ギャラリー稲毛)
4日目:施設見学(幕張本郷公民館、千葉市美術館)
5日目:イベントチラシ作成(仕上げ・プレゼン)、部署周り挨拶

Q:インターンシップで有意義に感じたこと、大変だったことについて教えてください。

 有意義に感じたことは、関連施設の見学で働いている方々の経歴も知ることができ、ロールモデルが学べたことと、施設を利用している方の「生の声」を聞いて、今後どのような意識を持てば良いか知ることができ、自分の強みにできると感じました。
 大変だったことは、イベントチラシ作成のプロジェクトで、ターゲット層に応じてチラシの表現や文言の与える印象が違うことが分かり、細かい部分にまで配慮する必要がありました。

千葉市生涯学習センターインターンシップ風景

Q:インターンシップを通して学んだことや気づいたことについて、詳しく教えてください。

 実習先担当者の方から学ばせていただいたことが数多くありました。
 学問的な知識や教養は働く上で確かに必要ですが、コミュニケーションの取り方、幅広い知識を目の当たりにして「人間関係の作り方」が社会人として必要なスキルだということを実感できました。

Q:インターンシップに参加することで、将来の希望進路にはどんな影響がありましたか?

 これまでの公務員のイメージが変わりました。行政職といっても色々な入口があり、幅広い仕事があることを感じることができました。
 自分がどこを目指すのか、何をやりたいのかが、具体的な方向性が見えてきました。

Q:これからの学生生活に向けて、インターンシップの経験は活かせそうですか?

 次年度は、どこのインターンシップに参加しようか、参加するまでにどのような準備をしておこうかなど、より細かい目標設定が立てられるようになりました。

Q:これからインターンシップへの参加を考えている学生のみなさんに向けて一言お願いします!

 動き出すなら早いタイミングが良いと思います。
 どのような進路を選択するのか、具体的にどこで働きたいなどイメージが浮かばなくても、履歴書を記入するだけでも自己分析に繋がります。
 また、インターンシップに参加したことによって、興味がわいたか、自分に合っているかどうかが明確になり、具体的に進路を考えるきっかけになると思います。
〒263-0021 千葉市稲毛区轟町3-59-5
電話番号
043-253-9111(大代表)
043-253-5524(入試広報センター)

LINE

スマートフォンはこちらから

Copyright CHIBA KEIZAI UNIVERSITY, All Rights Reserved

個人情報取り扱いについて

PageTop