トップニュース一覧カウンセリング・センターから新入生の皆さんへ

カウンセリング・センターから新入生の皆さんへ

新入生の皆さん、お元気ですか。
 本来であれば皆さんとは4月初めの入学式でお会いし、その後のオリエンテーションやガイダンスでカウンセリング・センター(以下、センター)の説明をさせていただいているのですが、新型コロナウイルスの影響で今回それもかないません。
 そこで、今年度はHPをお借りしセンターの紹介をさせていただこうと思います。
正式名称は「千葉経済学園 カウンセリング・センター」といいます。この名称でおわかりのように大学、短大、附属高校すべての学生・生徒を対象にしています。設置されたのが2001年、当時は2名のカウンセラーが週に2日担当という状況でしたが、現在は学園内に2か所(センターとセンター分室)、3名のカウンセラーが週4日担当しています。
 ところでセンターは何をするところかおわかりですか。多くの皆さんはすでに中学や高校でSCなどを通じ馴染みもあるかと思いますが、まだまだ誤解や偏見も少なからずあるようです。
 センターは決して「こころの弱い人」や「変な人」がこそこそと足を運ぶ所ではありません。またこころの治療を目的とするものでもありません。センターは“教育活動の一環”として皆さん誰もが人生において通過する問題(発達課題)について援助する予防・教育・開発に近い活動をしているというのが本当のところ。簡単にいえば、皆さんの悩みや不安・不満に耳を傾け皆さん自身がその問題を乗り越え成長していくためのお手伝い(サポート)をするのが仕事です。気軽に、気楽にドアを叩いてください。何も気にせず、誰に遠慮することなく胸の内をお話しください。話す、ということがどれほど気持ちを楽にし、こころを解放(カタルシス)するものか・・・。
 人の悩みに大きいも小さいもありません。悩む能力がある自分に気づき、そんな自分を肯定し充実した素晴らしい学園生活を送ってくれることをわれわれカウンセラーは切に願っています。
※センターでは、自分自身を知るための一助として心理検査(性格検査)なども行っています。本当の自分に出会えるかも・・・。

カウンセリングセンター 桜

カウンセリングセンター 薔薇

☛新型コロナウイルス感染拡大の影響で自粛を余儀なくされ、行動を制約されている皆さんに一言
●皆さんのこれまでの人生で、このような経験はおそらく初めてのことと思います。いつまでがまんすればいいのか、ゴールの見えない辛抱や忍耐は多大の負荷をこころに与えることでしょう。どこにもぶつけようのない怒り、不安、恐怖、困惑・・・。
あなただけではありません。またこれらは自然な反応です。
●突然、否応なく非日常の世界に身を置くことになりました。こんな時(非日常の世界)に日常を求めることはナンセンス、です。非日常であれば日常できなかったこと、今だからできることを探してみましょう。
不確かな情報に振り回されないように!
●信頼できる身近な人との会話(愚痴もおおいに結構)を大切にしてください。


千葉経済学園カウンセリング・センター 齋藤 朗

前のページに戻る

〒263-0021 千葉市稲毛区轟町3-59-5
電話番号
043-253-9111(大代表)
043-253-5524(入試広報センター)

LINE

スマートフォンはこちらから

Copyright CHIBA KEIZAI UNIVERSITY, All Rights Reserved

個人情報取り扱いについて

PageTop