トップニュース一覧期間限定「CKU 就活カフェ 2018」の営業風景

期間限定「CKU 就活カフェ 2018」の営業風景

  学生ホール2階の自習室。
 「営業中」のプレートがかかる扉を開けると、そこには4年生と「日替り店長」の虎井さん(キャリアセンター職員)が椅子に腰かけ、にこやかに迎えてくれました。ここは期間限定の「CKU 就活カフェ 2018」。今年度は昨年12月14日(金)を最後に、店じまいとなりました。進路を決めた4年生(有志のキャリアサポーター)の先輩たちが自らの就職活動体験を基に、後輩の悩みや質問に答えてくれるスポットで、さりげなくお茶やお菓子を添えてくださるのも嬉しいところでした。営業風景を一部ご紹介します。

1204Cafe3

1205 Cafe1

 12月5日(水)のメニューは「サービス編②コンサル・ホテル」。リゾートトラスト株式会社に内定した経済学科Oさん、パーソルプロセス&テクノロジー株式会社に内定した経営学科Tさんが、来店した3年生にアドバイスしていました。

Tさん  「就職活動するにあたって、『軸』って持ってる?」

3年生  「何ですか?『軸』って」

Oさん  「叶えたい目標とか、ゆずれないことだね。企業の面接で絶対に聞かれるよ。それが企業理念やビジョンに合っていると尚いいよね。『将来起業したい』『お金がほしい』……最初は何でもいいから、3つ位考えてみて、決まったらキャリアセンターに行って相談してみるといいよ」


 時折、お茶菓子に手を伸ばしながら次々と質問をする学生たち。くつろいだ雰囲気を醸し出しているからなのか、途中で入室した3年生Iさんも、すぐに溶け込んでいるようでした。
 12月11日(火)のメニューは「事務職・営業職編」。同日はキャリアアップ対策の授業で面接練習があり、経営学科3年の女子学生2人はリクルートスーツに身を包んで来店しました。迎えてくれたのは、ケルヒャージャパン株式会社に内定の経営学科Iさん、株式会社くすりの福太郎に内定の同学科Sさん、株式会社小泉に内定の同学科Kさん。質問を受け、グループ面接について各自経験談を語ってくれました。

Iさん 「私の時は、私とまったく同様に、大学祭実行委員会の副委員長を経験した人がいたんですよ。その方に話を全部持っていかれてしまうかもしれない! と思ったのですが、同じ内容でも、結局は経験したことやそこから学びとったことは人それぞれ違うわけなんですよね」

Sさん「私の時のテーマは『関心あるニュース』だったのですが、考えたことが他の人と重なってしまい、瞬時にネタを変え『就活です』と答えたことがあります。焦らないように、複数のネタについて自分の意見を用意した方がいいかも」

就活カフェ 12月11日①

tenshusan

店長 虎井さん 「咄嗟(とっさ)に対応できたのは、事前準備がしっかりできている証拠だよ! 臨機応変に切り返したわけだね。言おうとしたことが、他の人とまるっきり重なってしまうことだってあるよ。そんな時も焦る必要はなくて、『先ほどの方もおっしゃっていましが......』と前置きして、『私はこう思います』と自分の考えを言ってみてもいいかなと思うよ」
 窓の外には、店内を彩るように落葉樹のメタセコイヤが色づいていました。一段と寒くなり本格的な冬に突入しましたが、3月1日の会社説明会解禁までに就職活動への意識、モチベーションを高めていけるといいですね。

就活カフェ 12月11日②

901 就活カフェ メタセコイヤ

前のページに戻る

〒263-0021 千葉市稲毛区轟町3-59-5
電話番号
043-253-9111(大代表)
043-253-5524(入試広報センター)

LINE

スマートフォンはこちらから

Copyright CHIBA KEIZAI UNIVERSITY, All Rights Reserved

個人情報取り扱いについて

PageTop