logo

accese

seikyu

トップ
各種お問い合わせフォーム
ニュース一覧
交通アクセス
サイトマップ
個人情報の取り扱いについて
検索結果

教育実習に行ってきました~Tさんの実習報告~

 経済学科4年のTです。私は5月29日(月)より6月16日(金)までの3週間、母校である茨城県内の高校において教育実習を行いました。担当した学年は1年生で、授業科目は現代社会でした。
 
 最初の1週間目は、生徒たちとどのように接すればよいのか戸惑いました。しかし、ちょうど学校行事の体育祭があったので、それをきっかけに、生徒たちとコミュニケーションがとれるようになってきました。他にも授業や放課後などで積極的に生徒たちにコミュニケーションをとるように努力したことで、生徒たちからも声をかけてくれるようになりました。
 
 2週間目からは、いよいよ授業を開始しました。最初の授業は、大学における模擬授業で学んだ内容を意識してやりました。しかし、実際に生徒たちが40人近く、目の前 にいることで、それは少人数のしかも大学生相手の模擬授業とはかなり違うものでした。「生徒たちにわかりやすい授業をするためにはどうしたらよいのか?」を、毎日、担当の先生に相談しながら試行錯誤の連続でした。繰り返し指導を受け、生徒たちにとってわかりやすくするための努力を続けた結果、生徒たちの反応が変わってきたのです!
 この感覚は授業1回1回ちがい、毎回がとても新鮮なものでした。それは、生徒たちと真剣に向き合い頑張ったからだと思っています。
 
 教育実習最終日には、担当したクラスと部活動から、生徒たちと一緒に撮った写真と色紙を渡してくれました。私はとても感激しました。また、生徒たちから「ありがとうございました」という言葉をもらったとき、その言葉によって「実習は大変で辛かった」から「楽しかった」へと変わり、「教育実習に来て良かった」と思って終えることができました。
 
 私の教育実習は、山岡教授をはじめとする大学の先生方、現場の先生方、そして生徒さんたちに助けていただき、大きな成果を生む体験になりました。これは、私一人では体験することができませんでした。感謝でいっぱいな教育実習でした。この気持ちは言葉には表現できないほどとても大切な時間で、これからも忘れてはならないと思いました。

教育実習

教育実習

前のページに戻る

to-top