logo

accese

seikyu

トップ
各種お問い合わせフォーム
ニュース一覧
交通アクセス
サイトマップ
個人情報の取り扱いについて
検索結果

千葉市長 熊谷氏による公開講義を実施しました~受講生のコメントを一部紹介します~

平成28年10月21日(金)「千葉の地域政策」講義内において、千葉市長 熊谷氏による公開講義を実施しました。
「千葉の地域政策」の授業形式は、オムニバス方式で、毎週15回にわたりゲスト講演を行っています。

前回に引き続き「千葉における『地域づくり』の戦略と手法」と題し、今回は千葉市長 熊谷氏が講演を行いました。

千葉市長 熊谷氏

千葉市長 熊谷氏

千葉市長 熊谷氏

千葉市長熊谷氏(右側)と佐久間学長(左から2番目)、陶山特任教授(左側)、受講生との記念撮影
≪受講した学生のコメント(抜粋)≫
・千葉市長の「ビルは作れるけど田舎は作れない」という言葉が一番印象に残りました。
・「障がいを持った選手はアスリートとは見られない日本」という言葉がすごく印象に残りました。パラリンピックで、障がいを持った人と一緒に差別なく暮らせる県になると良いなと思った。
・この講義で、千葉県の立ち位置や新たな魅力、そして今実行されている政策、実行されようとしている政策についてもよく知ることができました。
・千葉の様々な政策や都市開発の内容が分かり、千葉県民として聞けて良かったと思いました。
・千葉市や千葉県と周辺の他県との特徴や特色の違いを理解し、それを生かした商業、工業を発展させているのは誇らしいと思いました。
・ドローンやロボットなどで人手不足を補うのは新しい考えですごいと思うが、機械化が進むと、ある時期を境に失業者が発生し増えていくのではないかと思った。
・都心をアピールするより田舎をアピールするという戦略を生かせば、さらに栄えると感じた。
・一つひとつの行動、意見に理由が明確にあるというのは素晴らしく、私もそのような考え方を身につけたいと思った。

前のページに戻る

to-top