logo

accese

seikyu

トップ
各種お問い合わせフォーム
ニュース一覧
交通アクセス
サイトマップ
個人情報の取り扱いについて
検索結果

硬式野球部 千葉県リーグ春季第五節 淑徳大学戦 試合報告

勝ち点を取った方が優勝となる最終戦、全員野球で挑んだ。
5節VS淑徳大学
1回戦 ○2-1
千経大 10100 0000|2
淑徳大 10000 0000|1

千経大は1回先頭の尾崎がヒットで出るとバント失敗はあったが山本のスリーベースで先制した。3回にも山本のタイムリーで勝ち越しを放った。
先発の鵜瀬は初回に連打を浴び1点を失うがその後しっかりと建て直し1失点で9回を投げ切り勝利した。


2回戦 △6-6
淑徳大 00000 2004|6
千経大 30000 2010|6

初回山本と坂本の犠牲フライとタイムリーで3点を取る。5回に2点を失うがその裏にエラーなどもあったが2点を取り返した。8回にも1点を取り4点差とし最終回を迎える。
しかし7回からマウンドにあがった鵜瀬が先頭をヒットで出すと次の打者にも連打を浴びる。そしてバント処理を失敗し1点を失い、その後も流れを止めることができずスリーランホームランを打たれそのまま試合は終わり引き分けとなった。


3回戦 ●2-4
千経大 00000 0200|2
淑徳大 00000 103×|4

試合が動いたのは6回、長打とタイムリーで1点を先制される。次の回に2点を取り勝ち越すが8回に3点を取られまたもやリードを許す。最終回、打線も奮起せず負けてしまった。


4戦目 ○4-1
淑徳大 00001 0000|1
千経大 10000 201×|4

勝った方が優勝となる試合は1回、3番大谷の本塁打で1点を先制し試合の流れを大きく引き寄せる。先発の橋詰は5回に立て続けにヒットを打たれ同点とされてしまうが6回8回どちらも荒井のタイムリーで3点差とする。そして最終回、1回から9回までマウンドを託された橋詰は危なげなく抑え千葉経済大学は優勝した。

大谷

4戦目
大谷瞭平(1)
初回に試合の流れを引き寄せる先制ソロホームラン

荒井

4戦目
荒井佑人(7)
この試合2本のタイムリー3打点の大活躍

橋詰

4戦目
橋詰循(21)
9回を投げ切り1失点完投の好投を見せた
 

前のページに戻る

to-top