logo

accese

seikyu

トップ
各種お問い合わせフォーム
ニュース一覧
交通アクセス
サイトマップ
個人情報の取り扱いについて
検索結果

硬式野球部 千葉県リーグ秋季第五節 淑徳大学戦 試合報告(2014.11.21)~ご声援ありがとうございました~

最終節の淑徳大学、他力になるが優勝の可能性もあり、全員が最後の力を出し切り「絶対に2連勝を!」と臨んだ。
5節 VS淑徳大学
1回戦 ●0-1
千経大 000 000 000|0
淑徳大 000 100 00×|1

 初回に豊田が四球と盗塁、久保田のライト前ヒットでチャンスを作るも、富樫が三振し無得点。2回も山本のライト前ヒット、渡邉のバントでチャンスを作るも、荒井、福原が共にショートゴロで無得点。3回にも豊田が四球で出塁し、寺川がバントで送りチャンスを作るも、大谷のセンターライナーでタッチアップした豊田が3塁で差されてしまい序盤でチャンスを潰してしまった。
 先発した鵜瀬は、3回までヒットを打たれるも要所を締め抑えたが、4回に1死からセンター前ヒットと盗塁でピンチとなり、福原が痛根のエラーをしてしまい1点を与えてしまう。7回からは久保が救援し、2回を無失点で抑えた。
 打線は4、5、6、7回と全く振るわず、8回に代打の久保(隼)がセンター前ヒットで出塁し、福原が送りチャンスを作るも、豊田がフャ―ストゴロ、代打の斎藤もサードフライで倒れてしまった。最終回も1死から久保田がサード内野安打で出塁、富樫のショートゴロで代走の土屋が2塁へ進塁し同点のチャンスを作る。続く山本が四球で出塁し、渡邉がセンター前にヒットを放ったが、土屋がホームで憤死、大事な初戦を0-1で落としてしまった。
2回戦 ○1-0
淑徳大 000 000 000 |0
千経大 000 000 001x|1
 
 先発の船山が4回までランナーを許すも、要所を三振とダブルプレーなどで抑える。5・6回は橋詰が要所を抑へ、7回からは久保が救援し無失点で9回を3人で完封した。
 打線は、8回まで散発の4安打に抑えられていたが、最終回に寺川がセカンドエラーで出塁、続く大谷もフャ―ストエラーで1・2塁とし、久保田がレフトオーバーを放ち、寺川が還り、1-0のサヨナラ勝ちで昨日の雪辱を果たした。

 
3回戦 ○4-2
千経大 002 100 100|4
淑徳大 000 100 001|2
 
 勝てば2位となる今季最終試合は、3回に寺川がレフト線の2塁打、大谷が四球で出塁しチャンスを作る。2死となるも、山本がライトオーバーの2点タイムリーを放ち、序盤に2点を先制する。そして4回、1死から渡邉がレフト前ヒットで出塁する。今日スタメンに抜擢された久保(隼)がバントで2塁に進め、迎えた荒井がレフト前にタイムリーを放ち、3点目を挙げる。さらに7回に荒井が四球で出塁し、豊田もレフト前ヒットでチャンスを広げ、大谷のレフト犠牲フライで1点を加え4点目を挙げた。最少得点もあったが、先制、中押し、駄目押しをすることができた。
 投げては、先発の鵜瀬が4回に四球から1点を与えたが、6回を1失点で抑える。2番手の橋詰も7・8回を好投する。最終回はエースの久保が1点を与えたが、最後は三振で抑へ、最終試合を4-2で勝利した。成績は8勝6敗、勝ち点3、千葉工業大学と同率の2位で春季リーグ戦を終了した。
皆様には多大なるご支援、ご協力を賜りまして誠にありがとうございました。

★表彰者
 最多賞 鵜瀬 裕介 4勝
 首位打者 久保田 勇眞 0.373

★ベストナイン
 捕手 久保田 勇眞 打率0.373
 外野手 大谷 瞭平 打率0.340  豊田 拓也 打率0.304

鵜瀬

鵜瀬 裕介(2年)
今季第1戦目の先発として投球し、防御率2.76という好成績を残し、4勝をマークし自身初の最多勝を獲得した。

久保田

久保田 勇眞(4年)
チームの要として、守備も攻撃も活躍し、チーム最多の19安打をマークし自身初の首位打者とベストナインを獲得した。

大谷

大谷 瞭平(3年)
3番打者として持ち前の長打力を生かしたバッティングでチーム最多の12打点をマークし自身2度目のベストナインを獲得した。

豊田

豊田 拓也(4年)
前回のリーグ戦では打率0.471と首位打者とベストナインを獲得している中、プレッシャーを感じさせず、打率0.304と前回の記録は越せなかったが、自身2度目のベストナインを獲得した。

前のページに戻る

to-top