logo

accese

seikyu

トップ
各種お問い合わせフォーム
ニュース一覧
交通アクセス
サイトマップ
個人情報の取り扱いについて
検索結果

硬式野球部 千葉県リーグ秋季第一節 千葉商科大学戦 試合報告(2014.9.13)

先季に3位となってしまい、久保田主将を中心に練習を重ね、今季こそ1部昇格を達成すべく2部優勝に向けて臨んだ。
1節 VS千葉商科大学
1回戦 ○3-2  
千経大 02000 00001|3
千商大 00001 00100|2

 先発した久保が安定した投球を見せ6回を1点に抑える。攻めては2回に山本がレフトオーバーの2塁打でチャンス作り、続く富樫がレフト前ヒットを放ち、山本が生還し先制する。さらに続く荒井がライト前ヒットを放ち、富樫が好走塁で生還し2点を先制した。
 しかし5回にショート荒井のエラーで1点を与へ、8回にも安藤が四球と送球エラーで2点目を与えてしまい2-2の同点としてしまう。
 延長戦となった10回表、先頭の豊田が四球で出塁、その後寺川のバント、大谷の四球で1・2塁とし、久保田のファーストゴロで2死2・3塁とする。この好機に山本がライト前タイムリーを放ち、3-2とし勝ち越しに成功する。最後は9回からマウンドに登った関根が、3人で抑へ初戦は逆転で勝利した。

久保

久保篤史(15)
エラーによって1点こそ与えてしまったものの、初戦先発の役割を果たした。
2回戦 ●0-2  
千商大 00001 0100|2
千経大 00000 0000|0

 先発の鵜瀬が粘りの投球を見せるものの、5回に2四死球とバントで1死1・2塁とされ、次打者にレフト前タイムリーを放たれ1点を先制される。
 7回からマウンドに登った橋詰も四球や連携エラーでピンチを作ると、犠牲フライを打たれ2点目を与えてしまう。
攻めてはチャンスを作るものの、好機にあと一本が打てず、最終回も簡単に3人で抑えられ屈辱の完封を喫し、投手を援護することができなかった。

鵜瀬

鵜瀬(19)
アクシデントにより急登板となったが、1点こそ取られたものの、持ち前の粘り強さで何度もピンチを防いだ。
3回戦 ●4-5  
千経大 00000 0040 |4
千商大 00100 0004x|5

 絶対に負けられない3回戦は、先発の久保が3回に先頭を四球で出し、バントで2塁に進められてしまう。2死1・3塁としたがショート荒井の送球エラーで1点を先制されてしまう。
 攻めては久保田、富樫に会心の当たりが出るも相手の好守に阻まれ、チャンスも活かせず、得点できないまま8回を迎える。今日スタメンに抜擢された渡邉が四球で出塁すると、荒井のバント、代打尾崎の進塁打、代打齊藤の死球で2死1・3塁のチャンスを作る。迎えた寺川がライト前にタイムリーを放ち1-1の同点とする。尚も1・3塁で大谷がライト前タイムリーを放ち逆転する。さらに久保田のレフト前ヒットで満塁とし、続く山本が四球で押し出し2点差する。そして富樫もライト前タイムリーを放ち、この回に一挙に4点を挙げ逆転に成功する。
 しかし、勝利目前とした9回、マウンドに登った関根が先頭に四球を与へ、さらにファースト山本の送球エラーなどで満塁としてしまう。最後はバッテリー間のエラー、四死球などで同点とされ、2・3塁からサヨナラスクイズを決められてしまう。
 最後の最後で詰めの甘さが出てしまい、土壇場で敗れ千商大に勝ち点を与えてしまった。

寺川

寺川由騎(8)
8回表、2死1・3塁の一打同点のチャンスでライト前にタイムリーを放ち、この一打が4得点につながった。守備でも1回戦からピンチを救う好守を見せる。

前のページに戻る

to-top