logo

accese

seikyu

トップ
各種お問い合わせフォーム
ニュース一覧
交通アクセス
サイトマップ
個人情報の取り扱いについて
検索結果
トップ地域連携・生涯学習地域総合研究所

地域総合研究所

お知らせ

地域総合研究所のご案内

千葉経済大学地域経済博物館のご案内

地域総合研究所は千葉県および首都圏地域にかかわる諸問題について調査研究を行い、千葉県における産・官・学連携の一翼を担って、学術の振興や地域の活性化を目指すとともに、生涯学習プログラムの提供を通して地域社会の発展に寄与することを目指しています。

主な活動

1.千葉経済大学オープンアカデミーの実施
オープンアカデミーは単なる教養的な講座にとどまることなく、現代の問題をダイレクトにそしてラディカルな視点で解決してゆくことを目指しています。

起業塾「千葉経済学園 大高交流 ビジネスゲーム」を開催

「論語と算盤」と起業家精神:ビジネスゲームの意義

 本学の建学の精神「片手に論語、片手に算盤」が依拠する渋沢栄一翁は、その生涯で500を超える企業の設立に関与。彼は「私はどんな事業を起こすにあたっても、またどんな事業に関係するときでも、利益本位に考えない」「まず道義上から起こすべき事業であるか、盛んにすべき事業であるかどうかを考え、損得は二の次に考える」と述べています。経営コンサルタントの小宮一慶氏は著書『ビジネス「論語」活用法』の中で、渋沢翁の経営哲学の大切さは、現代のビジネスにおいてもまったく変わりないと、その歴史的永続性を高く評価しています。
詳細
 事業を起こす=「起業」あるいは健全な「起業家精神(アントレプレナーシップ)」を若い人たちが生み出すような教育は、本学園にとって大切な意味を持ちます。そのような教育上の意義を踏まえ、地域総合研究所では2013年度より起業塾というプログラムをスタートさせました。本年度は「将来は自分の会社を持ちたい」という起業志望の本学学生と、課題研究の一環として模擬株式会社の経営を学んでいる本学園の附属高校商業科の生徒(3年生)がいっしょに集まり、ビジネスゲームを7月19日(土)に実施しました。
学園の大学生と高校生がいっしょに経営スキルを学ぶ

 当日は8時30分に大学の教室に集合。第一部のミニ講演会(8時45分~9時30分)では、講師の一人である板(いた)庇(びさし)明(あける)さん((株)ビジョナリーエクスプレス代表取締役)がご自身の中学生時代の起業体験をお話くださいました。家族旅行で行った海外である商品を発見。すぐに業者と交渉して、輸入に成功。それを日本で販売して利益を得たというエピソードに全員が興味津々でした。
詳細

ビジネスゲーム

 第二部(9時30分~17時30分)では、ビジネスゲームに取り組みました。3~5名で1社を構成して、最終的な累計経常利益がトップになるよう4社間 で競いました。第1期は価格のみ、第2期は価格と生産量、第3期・第4期はさらにむずかしくなりそれらに加えて品質管理費と広告宣伝費の決定という経営判 断にチャレンジ。最初の第1期ではキャッシュフローや損益計算などの数値計算に若干手間取りましたが、講師の朝尾直太さん((株)オープンパワー代表取締 役)がていねいに説明してくださり、全員がすぐに計算方法に慣れ、「生産台数を何台に決める」「前期の売れ残りの在庫が多いから、今期はまずこれを減ら す」「高級感をウリにするから広告宣伝費を増やす」など、活発な議論をして合意を得てから経営判断へと導いていました。

ビジネスゲーム

 ちょうど当日はオープンキャンパスが開催されていたので、ビジネスゲーム参加者はオープンキャンパス参加者といっしょに学食(エステリア)で無料ランチ を楽しみました。その1時間の昼休みと途中の短い休み時間以外は、ずっと電卓をたたいて計算をしたり、経営判断の話し合いをしたりとハードな9時間でした が、だれ一人退屈することなく、全員が真剣に楽しくビジネスゲームに取り組んでいました。

 順位が出たあと、全員が感想を発表。みなさんが「楽しかった」「ためになった」「もっとやりたかった」など充実したプログラムと高評価。そして、多くの参加者のみなさんが「チームのみんなで話し合い、みんなで決めることの大切さを実感した」との感想でした。組織にとって不可欠なのは、コミュニケーションの大切さを全員が認識することです。それに自分たち自身で気づいてくれたことも、大変大きな収穫でした。
2.千葉経済大学学生懸賞論文
学生より投稿された論文を厳正に審査し、そのうち優秀な作品については最優秀賞、優秀賞、佳作の各賞を授与し、その概要を本HP上、および大学新聞に掲載しています。
平成29年度千葉経済大学「学生懸賞論文」募集について
4年生ならば「卒論」や「ゼミ論」、1〜3年生ならば基礎ゼミや専門ゼミで書いた小論文やレポートなどを懸賞論文に応募してみませんか?締め切りは2018年2月1日(木)です。
 

添付のPDFファイルに「募集要項」「応募用紙」「指導教員所見」が含まれています。必ずダウンロードしてください。そして、①執筆要領にしたがって論文を書き、②応募用紙や指導教員所見に必要な事項を記入して、論文とともに提出してください。
 
【応募資格】
本学の学生(全学年)
 
【論文テーマ】
社会科学・人文科学・自然科学を問わず、自由に論題(テーマ)を設定してかまいません。
 
【応募条件】
1.論文は「日本語」または「英語」で書かれたものとします。
2.応募論文は未発表のものに限ります(卒業論文やゼミ論文の提出も可能です)。
3.論文の応募には、ゼミナール(基礎ゼミ、専門ゼミⅠ・Ⅱ・Ⅲ、特別演習)の指導教員の推薦を必要とします。
4.執筆にはワープロ(WORD、EXCELなど)を使用し、A4判横書きとします。単独執筆あるいは共同執筆いずれの場合も、

・和文では、横書きA4判用紙(1行40字×37行)10枚~15枚程度
・英文では、A4判用紙(1行65字前後×25行)15枚~20枚程度
の文字数やページ数内で執筆すること。図表、グラフ、注、参考文献等は別扱いとするので、本文の文字数には含めません。
5.提出された論文は返却しません。
 
【審 査】
投稿された論文は、地域総合研究所によって委嘱された審査委員会により厳正に審査をおこない、そのうち優秀な作品については最優秀賞、優秀賞、佳作の各賞、並びに副賞として図書券を授与し、その概要を本学ホームページおよび大学新聞に掲載します。
 
【著作権】
学生懸賞論文に提出された論文の著作権のうち、複製権、公衆送信権、送信可能化権の行使を地域総合研究所に委託するものとします。
 
【締切日】
応募論文の提出締切日は、2018年2月1日(木)です。
 
【論文提出先】
学務課窓口へ提出してください。なお、論文提出時に発行される「懸賞論文受領書」を受け取ること。
 
【審査結果の発表】
2018年3月上旬に、応募者全員に結果と審査講評を郵送します。その後、本学ホームページや大学新聞紙上などで発表します。
 
【表彰式】
受賞者の表彰は、原則として当該学生の卒業年における卒業式でおこないます。


17.03.22_0165

【応募状況及び審査結果】
平成28年度の千葉経済大学学生懸賞論文の応募者及びその審査結果は以下の通りです。
 
最優秀賞
・川瀬 勇太
「地方公会計の成り立ちと現状」

・武井 祥馬
「外食業界における従業員満足の重要性
-承認による従業員満足と正のブランド構築-」
 
優秀賞
・伊藤 里奈
「女性の社会進出に伴う子育てへの影響」

・衛藤 晟
「我が国の人事労務管理の特徴」

・大西 一貴
「毒になる親に支配される子ども」

・片岡 竜生
「日本の鯨食文化の消滅
-捕鯨禁止の理由と食生活への影響-」

・牧野 明浩
「戦争映画が描く戦争による人間の変化」
最優秀賞 川瀬勇太
「環境保全NPO法人の現状と課題」 【講 評】

本論文は著者の地元自治体を含む三市(君津市、袖ケ浦市、東金市)について財務書類の〈利用者〉の視点を大切にしながら財務分析を試みた力作である。
【形式について】
本論文の目次、本文、結論は論理的かつ適切な構成となっている。論文内で引用されている文献・資料は議論を展開していく上で必要かつ十分なものが適切な形で引用され、出典の明示もなされている。文章の推敲も十分になされ、誤字・脱字も見当たらない。
【内容について】
本論文ではまず近年の地方公会計制度の変遷について財務書類の〈作成者〉の視点から主たる公会計モデルを比較・検討することにより明らかにしている。次に財務書類4表の構成ならびに各表間の連携に注目し住民をはじめとする財務書類の〈利用者〉の視点から公会計モデルの比較・検討を行っている。これらの検討をふまえた上で、上記三市の財務分析を行い、分析の結果として三市間の将来世帯負担比率等の算出方法に違いがあることを発見している。その違いの理由を探るべく、筆者は市への聞き取り調査も行っている。
上記のような内容で構成される本論文の論理展開は説得力があり、調査技法も適切である。そもそも本論文は、筆者の地元自治体がなぜ財政難であるにも関わらず地方交付税交付団体から不交付団体に移行したのかという筆者の素朴な疑問が端緒となっている。その意味で本論文は筆者の主体的な気づきのみならず、住民としての主観的な思いと客観的な論理展開とが良い意味で交錯した論文であるといえよう。
以上から本論文を「最優秀賞」に該当する論文として評価したい。
詳細
最優秀賞 武井祥馬
「外食業界における従業員満足の重要性 -承認による従業員満足と正のブランド構築-」 【講 評】

【形式について】
 問題意識、結論へと到る仮説・検証の進め方は整合性をもち、整然とした章立ての中で議論を読み進めると、そこには十分な説得力のある議論が展開されている。読者にはケーススタディで現実性をしっかり確認させるとともに、それらケーススタディを包括的にとらえる理論的フレームワークもきちんと提示されている。本文中の学術用語の使用も参考文献の引用も適切に行われている。減点となる箇所はまったくない。
【内容について】
本論文は、外食産業における加重労働の問題が、ブラック企業という負のブランドに繋がり、企業業績にも多大な影響を与えることから、同志社大学の太田肇教授の理論モデルに依拠しながら、従業員満足を通して当該問題を解決し、ホワイト企業という正のブランドを構築してことが重要であることを主張するものである。外食産業が抱える問題に対する明確な課題認識に基づいたタイムリーな研究である。
加重労働問題の実態の把握、従業員満足を満たすための具体的方策(集団的な表彰制度)の提案、成功企業のケーススタディなどを通じて、従業員満足によるブランド構築という考え方が提示されている。実際の企業の取り組み事例も紹介されており、主張内容に説得力が感じられる。また、今後の外食企業は、従業員満足を満たすことでホワイト企業という正のブランドを構築し、正のサイクルを確立することが重要であるという筆者である本論文の見解には、新たな可能性が感じられる。加重労働に陥ってしまった外食企業の根本的な原因や背景についての分析も、今後の課題として期待される。
上述のように、本論文では「承認によるモチベーションと経営」で多くの業績を残している太田教授の分析フレームワークを用い、さらに『ハーバード・ビジネス・レビュー』に掲載された海外の研究論文も取り上げ、それらの議論を拡張(extend)しようとする試み、つまりオリジナルな理論モデル構築の試みを行っている。もちろん学術論文として不足する点はまだあるものの、それは学部生が執筆する論文としては十分な水準であり、卒業論文において何らかのアカデミックな貢献をしようとする挑戦を評者は高く評価したい。以上の理由より、本論文は「最優秀賞」にふさわしい論文と考えられ、その内容とともに執筆に取り組んだ武井さんの努力を高く評価したい。
詳細
優秀賞 伊藤里奈
「女性の社会進出に伴う子育てへの影響」 【講 評】

【形式について】
章立てや結論へと到る論理展開など論証の進め方は論文として整合性をもち、説得力のある議論がなされている。本文中の学術用語の使用も参考文献の引用も適切に行われている。それらを高く評価したい。ただし、誤字(第2節と書くべきところを第2章と書かれている(3ページ))があったり、参考文献一覧の体裁に不備があったりと小さなチェック不足があった。減点対象となりもったいないので、注意をしてもらいたい。
【内容について】
筆者の就職活動(インターンシップ)や卒業後の進路と関係するテーマで執筆した論文ゆえ、問題意識はきわめて明確である。内容も、第1章と第3章では日本の現状や制度を、第2章では関連する社会学的研究をサーベイした後、第4章でのシングルマザーについての議論を経て、考察となる第5章においてフランスやイギリスとの国際比較からわが国にとっての政策的含意が導かれている。それらは説得力のある論理的展開であり、導かれた含意も興味深い。結論の導出には、参考文献だけでなく伊藤さん自身のインターンシップの経験も使われているので一層の説得力をもつ。
ただ、評者が気になったことは、論点を女性就労と子育てを両立できる活力ある日本社会という「効率性」に求めるのか、それともシングルマザー(母子の貧困だけでなく、そこから生まれる教育機会の格差による貧困の世代連鎖)といった「公平性」に求めるのかという点である。もしも論点を効率性(=経済の活力)だけに絞るならば、関連する社会問題としてきわめて重要であるがシングルマザーはあえてカットして、第4章は、経済活性化に貢献する経営力としての「ダイバーシティ経営」といった観点から企業における女性就労と子育ての関係性を扱った方が、議論がより明確になったかもしれない。
小さな改善すべき点はあるものの、本論文は「優秀賞」にふさわしい論文と考えられ、その内容とともに執筆に取り組んだ伊藤さんの努力を高く評価したい。
詳細
優秀賞 衛藤 晟
「我が国の人事労務管理の特徴」 【講 評】

本論文は人事労務管理制度の変遷に焦点を当てながら、求人と求職とのミスマッチ問題の解決を試みたものである。
【形式について】
 まず目次、本文、結論についてはバランスよくまとめられている。文献サーベイが本論文の主な研究方法となっているがゆえに、多量の文献や資料が論文内で適切に用いられている。引用についてもその出典が適切に示されていて、とりわけ外国の論文が多量引用されているのは学生の論文として高く評価できる。
【内容について】
 人事労務管理制度を、明治初期、戦後復興期、バブル崩壊後の3つの時代に分けて、具体的な事例を用いながら緻密な分析を行った点は、相当の努力を要することから評価に値する。また第4章で新卒一括採用の限界と、求人と求職とのミスマッチの問題に着目し、その解決策としてインターンシップとRJPとの組み合わせという筆者独自の提案を試みたのは高く評価できる。ただし,第1章・第2章・第3章の人事労務管理制度の内容と第4章の問題提起と解決策の間には、論理的な必然性が見当たらない。
 以上から「優秀賞」にふさわしい論文であると考えられる。
詳細
優秀賞 大西 一貴
「毒になる親に支配される子ども」 【講 評】

【形式について】
 問題提起の方法、研究史の整理、事例の引用、分析の方法などは適切である。文章も明解かつ簡潔な表現で、誤字・脱字もない。引用文献の紹介も、本来難解である内容をコンパクトにまとめられていて、その後の論理展開も優れている。
【内容について】
本論文は、教育学の立場から「しつけ」と「体罰」のパラレルな関係について考察したものである。すなわち、自己の体験をもとに、親が無意識に「毒」となるプロセスを子どもの視角から述べたものである。親としては「しつけ」と考えていることが、子どもにとってはこの上ない苦痛であり、やがて「体罰」という悲劇を起こしていく過程を例示しながら、これらをフォワードの「毒」理論をもとに分析している。「教育学」を大学で専攻した研究成果として申し分ない内容であると考える。ただし、問題提起にする結論が、内容・字数ともに物足りなく、残念と言わざるを得ない。締め切りを焦ったのであろうか。
以上から「優秀賞」にふさわしい論文であると考える。
詳細
優秀賞 片岡 竜生
「日本の鯨食文化の消滅 -捕鯨禁止の理由と食生活への影響-」 【講 評】

【形式について】
全体として大きな問題はないが、誤字・脱字、変換ミス、参考文献の整合性などについてより一層の配慮が求められる。また、書体・フォントの統一と適切性、図・表へのタイトルの明示など、読みやすさや見やすさについても留意する必要がある。形式についての評価ポイントの十分なチェックと適切な推敲を行うことが求められる。
【内容について】
 本論ではまず、捕鯨と鯨食の歴史が小松氏の文献に基づいて説明され、捕鯨禁止とその理由についての三崎氏と小泉氏の見解が紹介されている。次に、捕鯨禁止の影響についての厚生労働省や農林水産省の統計データや分析結果が示され、1962年(牛肉輸入なし)、1994年(適正値)、2015年(輸入牛肉最多)の各時点におけるPFC比率が計測されている。
日本の捕鯨・鯨食文化を継承したいという筆者の考えには一定の説得力はあるが、それによるデメリットについても併せて考察する必要があろう。また、それを実現するための具体的な方策などについての提案があれば、さらに読み応えのある論文になると思われる。
なお、現代の日本人のバランスの悪い食生活の原因については、他にもさまざま要因が考えられるので、多面的な分析が必要であろう。
詳細
優秀賞 牧野 明浩
「戦争映画が描く戦争による人間の変化」 【講 評】

【形式について】
問題意識、仮説、検証と論理展開された論文での議論は整合的である。脚注の付け方や参考文献の引用方法も適切である。ただし、参考文献の数が3点と少なく、それらが必ずしも学術的なものでないことは審査においてマイナスポイントとならざるをえない。また各章でページを変えているが、それは必要ないであろう。体裁について、他の論文と自分の原稿を比較しながら、普段のレポートとは異なる「論文」としての書き方をより意識してほしかった。
【内容について】
本論文の最大の特徴は、筆者の映画に対する情熱が文面に溢れている(文面から溢れ出している)ことである。映画のもつ魅力、論文で取り上げた2作品のもつインパクト、作品から感じた強いインパクトなどが第1章から第3章にわたってvividに描かれている。評者には、そこに大学4年生という若き青年ならではのほとばしるエネルギーが感じられた。取り上げた映画の内容も、戦争、ファシズム、階級社会、欲望ときわめて深刻な社会問題ばかりである。映画という芸術によってそれらをいかに描写するか、そしてその描写をいかにアカデミックに解釈するかは、きわめて難しい作業である。
筆者はその難しい問題に、参考文献を使いながら、第2章第2節と第3章2節において「人間の欠如態」というキーワードで果敢に取り組もうとしている。その努力を高く評価したい。ただし、考察には不十分さがある。難しい問題であるがゆえに、図書館でアカデミックな文献を探して参考文献として用いる、大学での講義(たとえば哲学、倫理学、心理学、教育学など)との関連をベースに考察するといった作業が、より多く必要だったと評者は考える。その点に注意されたい。
小さな改善すべき点はあるものの、本論文は「優秀賞」にふさわしい論文と考えられ、その内容とともに執筆に取り組んだ牧野さんの努力を高く評価したい。
詳細
3.地域との協働と共創

シニア世代の向学心と生涯学習を応援しています

 生涯学習の重要性が高まるなか、本学と連携して15年間も続いている社会人の方々による勉強会があります。本学の教室を使って1999年から月1回のペースで勉強会を開催されており、通算回数は150回を超えます。現在のメンバーは13名。一般企業や地方自治体にご勤務の方(ご勤務だった方)、本学の事務局勤務だった方、本学の学部や大学院を卒業された方々など、年齢や性別を問わず、多忙にもかかわらず学ぶことへの高いモチベーションと志を持ったみなさんです。勉強会をスタートさせたきっかけは、本学で毎年開催している公開講座の受講でした。「受講するだけでなく、自分たちも自主的に勉強会を開いて学ぼう」との意識から始められました。

 勉強会は、伝統的な大学のゼミ形式で進められています。報告者が研究テーマ(たとえば、仕事で得た知識やご自身の考察)を事前に準備したレジュメやパワーポイントを使って発表され、その後、活発な質疑応答や議論へと進んでいきます。最近の報告テーマとしては「労働者派遣法」「電気事業法とエネルギー需給」「グローバル化と農業」などがあり、本学の教員が報告者を務めることもあります。本学では地域総合研究所が中心となり、現役とシニアの両世代に喜んでいただける生涯学習の場を広げてまいります。なお、さらに専門的に学びたい場合には、社会人選抜やシニア選抜の試験を経て大学院での教育へと進むことが可能です。

社会人塾

to-top