logo

accese

seikyu

トップ
各種お問い合わせフォーム
ニュース一覧
交通アクセス
サイトマップ
個人情報の取り扱いについて
検索結果
トップ学部・大学院卒業論文

卒業論文

 本学では、大学における学習と演習での研究成果の総まとめ・集大成として卒業論文を作成するために、4年次に「卒業論文」(4単位)を選択履修することができます。「卒業論文」は必修ではありませんから、卒業に要する必修及び選択必修の単位にはなりませんが、修得した単位は選択科目の単位として卒業要件の128単位に含まれます。
※以下、本学「卒業論文作成の手引き」抜粋

卒業論文について

 まず、卒業論文とレポートの違いとして、次の3点があげられます。

 第1のポイントはテーマを選択するのは誰かということです。レポートは、通常、教員から与えられた課題に対していろいろと調べた結果を文章にまとめますが、卒業論文は、学生自身で書こうとする主題やテーマを考え決定します。指導教員はテーマの選択について助言をしますが、最終的には、自分が最も関心のある問題を論文のテーマに設定します。これが、レポートとは異なる最も大きな点です。

 第2は、論文作成にかける期間です。レポートは課題が与えられてから、夏季休暇中の課題などを除くと、長い場合でも1ヶ月ほどで提出となります。一方、卒業論文は少なくとも1年間をかけての作成になります。4月に履修申告をして12月に提出ですので、厳密には1年間と言えないかもしれません。しかし、4年次になる前の2年間の演習を卒業論文の準備段階であると考えますと、1年間以上をかけているといえます。この長い期間にわたる自己学習を継続し、積み上げて初めて卒業論文となります。

 第3は、論文としての体裁が必要になります。レポートでもある程度の体裁は決まっていますが、卒業論文ではその体裁・構成がより定型化しています。体裁・構成や書き方がきちんとできていない場合は、卒業論文としては認められませんので、定められた体裁・構成・書き方に沿って作成することになります。

卒業論文題目について

(1)テーマ・内容の設定
 大学の講義や演習などで学んだこと、あるいは新聞やテレビの報道で知ったことなどに関して、もっと深く知りたいと思ったことがたくさんあると思います。そうした知的欲求や疑問が卒業論文のテーマに発展していきます。この段階で知りたいことや疑問に思っていることはまだ漠然としているかもしれませんが、それでかまいません。
 しかし、漠然としたままでは論文のテーマになりませんので、自分で考えていることを少し具体的な言葉に置き換えて、文章化する作業が必要になります。もちろん指導教員と相談して、卒業論文として可能な内容かどうか等の指導を受けることが大切です。一人で考えてもなかなかいいアイディアは浮かびませんし、まとまりません。教員に繰り返し相談することが卒業論文作成の重要な第1ステップです。

(2)題目(タイトル)の決定
 テーマ・内容が決まったら次は、論文題目(タイトル)の決定です。論文題目は、集めた資料の分析や、執筆段階で変わることもあります。論文を書き始める前と書き上げたときで自分の考えや意見が変わることもよくあります。むしろ自分の考えの変化を自覚することも「卒業論文」という自己学習の成果の一つといえます。
 しかし、題目を設定せずにただなんとなく文章を書いても論文にはなりません。前項で決めたテーマ・内容を、どのような手順・順序で論文にまとめていくか構想を練り上げなければなりません。曖昧で複数の事柄が混在していたのでは論文とは言えません。構想がまとまりますと論文作成がスムースに運びます。

卒業論文作成の手順

 卒業論文は題目が決定したら、それに向かって文献収集や調査を進めます。その方法は、取り上げたテーマ・題目によってかなり異なります。たとえば、データの収集・分析が主となる論文、現地調査(フィールドワーク)やアンケート集計が主となる論文、実験が主となる論文、そして論理的思考が主となる論文などいろいろあります。論文のスタイルによって執筆の手順などが異なります。
 卒業論文は提出する期日が定められていますので、いつまでも文献の収集や現地調査に関わっているわけにはいきません。そこで、論文作成に必要な作業のスケジュールを立てておくことが必要です。
 もっとも一般的な作業スケジュールを次に示しておきますので、これを参考に各自で作業スケジュールを組み立ててください。
 1) 情報を集める(5月~6月)  資料・文献・データの収集と整理
 2) 情報を分析する(7月~8月) 収集した資料等の分析
 3) 構成を考える(8月~9月)  データに基づいた論文の構成
 4) 実際に論文を書く(9月~11月) 実際に論文の作成
 5) まとめる(12月)   最終段階

過去の卒業論文の実績紹介

千葉経済大学学生懸賞論文
学生より投稿された論文を厳正に審査を行い、そのうち優秀な作品については最優秀賞、優秀賞、佳作の各賞を授与し、その概要を本HP上、および大学新聞に掲載しています。

学生懸賞論文

【応募状況及び審査結果】
平成26年度の千葉経済大学学生懸賞論文の応募者及びその審査結果は以下の通りです。

優秀賞
・菅谷 篤慶(経済学科)
 「働くということ ―人にとっての労働の意義とは―」
・霜出 雅裕(経済学科)
 「日本の食料市場についての研究」

佳作
・土屋 勇太(経済学科)
 「教師という人間 ―斎藤喜博に学ぶ教師のあり方―」
優秀賞 菅谷 篤慶(経済学科)
 「働くということ ―人にとっての労働の意義とは―」 【講 評】

 本論文は、「働く」という語の示す範囲と、使用法を重点に調べた結果を分析したものである。
(1) 体裁について
 目次・本文・結果については整然とまとめてある。内容も明確な表現で、文章的に問題ないものと考える。参考文献は3件であるが、引用も適切で、分析の対象とする部分も間違いないものと考える。誤字・脱字などはなく、しっかりと推敲されている。
(2) 内容について
 参考とした資料の分析、調査の方法などは適切である。論理展開もシャープであり、「働く」について、人々がどのような印象を持つか、分析も明確である。ただし、「働く」という語義解釈の部分が大半で、執筆者のオリジナリティはやや乏しい点が残念である。
 以上から「優秀賞」にふさわしい論文であると考える。
詳細
優秀賞 霜出 雅裕(経済学科)
「日本の食料市場についての研究」 【講 評】

 霜出論文である「日本の食料市場についての研究」は優秀論文に値すると考えられる。この論文では、食の市場は「外食」「中食」「内食(うちしょく)」の3つの市場に分類され、現在の日本では「外食」「中食」の占める外部化比率は45%であり、他方で内食市場の比率は55%となっている。ただし、「内食」市場の内訳を分析すれば、内食の中に、家庭用冷凍食品のような「隠れ中食」が含まれていることがわかる。こうした「隠れ中食」を外部化比率に加算すれば、外部化比率と内食市場の比率は逆転することを示し、新たなる食の傾向が見られるというのがこの論文の主旨である。
詳細
 しかしながら、この論文にはいくつかの問題点がある。論文の形式上で、書き方、段落の表現形式等に明らかな誤りがある箇所が散見される。またフォントの不統一が見られる。「です・ます体」と「である」体の混在という問題もある。さらにデータの提示と記述的な分析にとどまり、経済学および経営学の論文としては不十分である。たとえばフランスやイタリア、アメリカ等では食品スーパー等において冷凍食品の占める割合は極めて高い。しかし日本の消費者は食品の新鮮さを強く志向する傾向がある。小売業を考えた場合、そうしたローカルな特性を考えなければならない。常識的な市場予測にとどまっており、たとえば「なぜカルフールは日本市場への参入に失敗したのか」といった流通産業論・多国籍企業論等の重要な論点まで踏み込んで論じていたならば、最優秀論文となったものと思われる。こうした点が非常に惜しまれる。
 ただし、こうした問題点はあるものの、食の外部化の現状を的確に記述しており優秀論文として推薦したい。
佳作 土屋 勇太(経済学科卒)
「教師という人間 ―斎藤喜博に学ぶ教師のあり方―」 【講 評】

 本論文は、教育実習で執筆者自身が見た教育の現場の問題点や感じた疑問を、著名な教育者である斎藤喜博の著書『私の教師論』から解釈しようとした意欲作である。
 (1)体裁について
章立てや論理展開など、論文における議論の流れは整合性がとれており、各章の結論も明確であるがゆえ、読者にとってその内容は大変わかりやすい。読み進めていくにつれ、教師の望ましいあり方を真剣に求めている情熱と迫力が伝わってくる。
詳細
 (2)内容について
 評者が改善を望む3点を以下に記しておく。まず、中心となる文献が上記の斎藤の著書だけであることが気になる。他の文献と 比較することで斎藤の考え方の特徴を明確にする、その上で自分自身の教育実習での経験を斎藤の考え方から解釈すれば、さらに考察が深まったのではないか。 また、第3章において西君子氏の教職論に言及しているが、なぜそれを取り上げたかという理由が書かれていない。そして、自身の教育実習での観察や問題意識 を斎藤の考え方から解釈することも(それは難しい作業であるが)やや乏しい。
小さな未熟さはあるものの、この論文は、教師の理想像を求めるという大海に船出した執筆者にとって大きな帆となるだろう。

to-top