CKU2017_digital
50/52

千葉経済学園49●千葉女子商業学校創設本学園の歴史は1933年、学園創立者の佐久間惣治郎が私学教育に着手し、翌年、千葉県で最初の女子商業学校を創設したことに始まります。●新制千葉女子経済高等学校となる●千葉女子経済高等学校を 千葉経済高等学校に改称男子部の新設により、千葉女子経済高校から千葉経済高校に改称されました。当時は共学ではなく男女別学となっていました。●千葉経済短期大学開学●千葉経済短期大学図書館竣工●千葉経済大学開学旧国鉄レールセンター跡地に、1988年千葉経済大学が開学しました。当時のレンガ建造物は、現在でも学内に県の文化財として保存されています。●クラブハウスA棟、学食棟、 テニスコート、小間子野球練習場完成●若松ゴルフ練習場完成●経済学部経済学科第1期生卒業●大学院経済学研究科修士課程開設●千葉経済大学地域総合研究所設置 ●大学2号館完成●学園創立60周年記念式典●千葉経済大学総合図書館に改称●大学院第1回学位記授与式●学芸員課程開設●O-YANE完成●経済学部経営学科開設●大学開学10周年記念式典●クラブハウスB棟完成●経済学部経営学科第1期生卒業●創立70周年、    大学開学15周年記念学生ホール完成千葉経済学園が創立70周年、千葉経済大学が創立15周年と、ともに節目の年を迎えました。記念事業として、学内に学生ホールが建設され、大学の新しいシンボルとなりました。●附属高等学校、夏の甲子園初出場 ベスト4●千葉経済大学附属高等学校新校舎 完成●教職課程(高校・公民)開設●大学開学20周年  学部卒業生4,400名●大学正門および広場整備●教職課程(中学・社会)開設●財団法人日本高等教育評価機構による大学機関別認証評価認定●千葉経済大学地域経済博物館設置●クラブハウスC棟完成●創立80周年、大学開学25周年記念    シンボルタワー完成●若松ゴルフ練習場を野球練習場に改修●千葉経済大学短期大学部新校舎完成1934年1948年1954年1968年1986年1988年1989年1991年1992年1993年1995年1998年1999年2002年2003年2004年2005年2007年2008年2009年2010年2012年2013年2014年2015年千葉経済学園83年のあゆみ千葉経済大学短期大学部千葉経済大学附属高等学校経済学部大学院総合図書館地域経済博物館地域総合研究所経済学科経営学科経済学研究科(修士課程)普通科商業科ビジネスライフ学科こども学科情報処理科 千葉経済学園の「建学の精神」は、1934年(昭和9年)、県下初の女子の商業学校、千葉女子商業学校を創立した佐久間惣治郎が唱えた「片手に論語、片手に算盤」です。つまり、人間としての倫理・道徳をわきまえるとともに、自立した生活ができる知識・技術を修めた人材の育成です。 千葉経済大学は、この「建学の精神」を土台にして、「良識と創意」を校是としています。良識とは〈社会が望ましいとする健全なものの考え方〉です。社会はどのような考え方を望ましいとしているか、社会の良識なるものを身につけ、ものごとを偏りなく判断していく知的な資質を磨き続けることを望みます。 また、創意とは〈新しい視点からの深い思索〉を言います。社会の進歩・発展はいつの時代も、創意に富む人たちによって切り開かれてきました。変化の著しい21世紀です。時代や社会から謙虚に学びながら思索を深め、新しい視点からものごとを考える資質を磨いてください。千葉経済学園理事長千葉経済大学学長千葉経済大学短期大学部学長千葉経済大学附属高等学校校長佐久間 勝彦「良識と創意」を旨として学業に励んでください千葉経済大学千葉経済学園49●千葉女子商業学校創設本学園の歴史は1933年、学園創立者の佐久間惣治郎が私学教育に着手し、翌年、千葉県で最初の女子商業学校を創設したことに始まります。●新制千葉女子経済高等学校となる●千葉女子経済高等学校を 千葉経済高等学校に改称男子部の新設により、千葉女子経済高校から千葉経済高校に改称されました。当時は共学ではなく男女別学となっていました。●千葉経済短期大学開学●千葉経済短期大学図書館竣工●千葉経済大学開学旧国鉄レールセンター跡地に、1988年千葉経済大学が開学しました。当時のレンガ建造物は、現在でも学内に県の文化財として保存されています。●クラブハウスA棟、学食棟、 テニスコート、小間子野球練習場完成●若松ゴルフ練習場完成●経済学部経済学科第1期生卒業●大学院経済学研究科修士課程開設●千葉経済大学地域総合研究所設置 ●大学2号館完成●学園創立60周年記念式典●千葉経済大学総合図書館に改称●大学院第1回学位記授与式●学芸員課程開設●O-YANE完成●経済学部経営学科開設●大学開学10周年記念式典●クラブハウスB棟完成●経済学部経営学科第1期生卒業●創立70周年、    大学開学15周年記念学生ホール完成千葉経済学園が創立70周年、千葉経済大学が創立15周年と、ともに節目の年を迎えました。記念事業として、学内に学生ホールが建設され、大学の新しいシンボルとなりました。●附属高等学校、夏の甲子園初出場 ベスト4●千葉経済大学附属高等学校新校舎 完成●教職課程(高校・公民)開設●大学開学20周年  学部卒業生4,400名●大学正門および広場整備●教職課程(中学・社会)開設●財団法人日本高等教育評価機構による大学機関別認証評価認定●千葉経済大学地域経済博物館設置●クラブハウスC棟完成●創立80周年、大学開学25周年記念    シンボルタワー完成●若松ゴルフ練習場を野球練習場に改修●千葉経済大学短期大学部新校舎完成1934年1948年1954年1968年1986年1988年1989年1991年1992年1993年1995年1998年1999年2002年2003年2004年2005年2007年2008年2009年2010年2012年2013年2014年2015年千葉経済学園83年のあゆみ千葉経済大学短期大学部千葉経済大学附属高等学校経済学部大学院総合図書館地域経済博物館地域総合研究所経済学科経営学科経済学研究科(修士課程)普通科商業科ビジネスライフ学科こども学科情報処理科 千葉経済学園の「建学の精神」は、1934年(昭和9年)、県下初の女子の商業学校、千葉女子商業学校を創立した佐久間惣治郎が唱えた「片手に論語、片手に算盤」です。つまり、人間としての倫理・道徳をわきまえるとともに、自立した生活ができる知識・技術を修めた人材の育成です。 千葉経済大学は、この「建学の精神」を土台にして、「良識と創意」を校是としています。良識とは〈社会が望ましいとする健全なものの考え方〉です。社会はどのような考え方を望ましいとしているか、社会の良識なるものを身につけ、ものごとを偏りなく判断していく知的な資質を磨き続けることを望みます。 また、創意とは〈新しい視点からの深い思索〉を言います。社会の進歩・発展はいつの時代も、創意に富む人たちによって切り開かれてきました。変化の著しい21世紀です。時代や社会から謙虚に学びながら思索を深め、新しい視点からものごとを考える資質を磨いてください。千葉経済学園理事長千葉経済大学学長千葉経済大学短期大学部学長千葉経済大学附属高等学校校長佐久間 勝彦「良識と創意」を旨として学業に励んでください千葉経済大学

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 50

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です