CKU2017_digital
37/52

入学目的■税理士試験科目免除■公務員派遣研修■学術研究修了後の進路■税理士事務所■国家公務員■外資系金融機関■シンクタンク研究員■他大学の博士課程進学■社会福祉法人千葉経済大学の教育理念をさらに発展させ、高度な専門的知識を持つ人材(専門職業人)の育成、自治体職員や企業人の政策・企画立案能力の開発を主な目的としています。小規模・少人数制の利点を活かし、論文指導教員による指導だけでなく関連分野の教員と連携した研究指導が受けられます。教員との日常的な交流も活発です。大学院生は、ゆったりとした専用デスクや情報機器、ロッカーを用意した院生用研究室を利用でき、腰を据えて研究に打ち込むことができます。院生用研究室は平日夜間、土・日曜日も利用できます。大学院への進学により税理士試験科目の試験免除を受けることができます。 税理士試験に合格するには、会計学科目2科目(簿記論・財務諸表論)と、税法科目(所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税法)の内3科目(所得税法又は法人税法のいずれかは必ず選択すること)、合計5科目の合格が必要です。 大学院に進学し、税法科目の研究などにより修士の学位を得た場合には、税法科目のうち2科目、会計学科目の研究などにより修士の学位を得た場合には会計学科目のうち1科目の試験免除を受けることができます。● 千葉経済大学大学院の講義科目は、「会計税務コース」 「経済理論コース」 「経営理論コース」および「公共政策・社会福祉コース」に分かれていますが、どの科目も選択可能です。● 修士論文の指導は、入学時に選択したコースの特別演習で行います。● 土曜日も開講します。● 修学年限は原則2年ですが、3年ないし4年の長期履修も可能です。POINT1POINT2POINT3 CHIBA KEIZAI UNIVERSITY 2017 36Small is beautiful.■ より高度なエキスパートを養成する3つのポイント会計税務経済理論経営理論公共政策・社会福祉●所得税法特論●法人税法特論●消費税法特論●相続税法特論●簿記論特論●財務諸表論特論●原価計算論特論●会計税務特別演習●経済政策論特論●中小企業論特論●財政学特論●地方行財政論特論●公法特論●民事法特論●公共経済学特論●社会保障論特論●社会保険特論●福祉経済論特論●公共政策・社会福祉特別演習 ●経営管理論特論●経営組織論特論●経営戦略論特論●社会的責任論特論●マーケティング論特論●イノベーション論特論●経営史特論●経営理論特別演習 ●理論経済学特論●西洋経済史特論●日本経済史特論●経済学説史特論●国際経済学特論●労働経済学特論●日本経済論特論●金融論特論●経済理論特別演習卒業生の言葉大学から大学院へ、一貫した税理士コース選択がおすすめ 千葉経済大学在学中に税理士試験を目指すことを決心しました。その後千葉経済大学の大学院に入学し、税法の修士論文を書き、税法2科目の科目免除を受けることができました。さらに税理士試験の一般試験で簿記論等に合格して税理士になることができました。将来税理士になりたい方には大学及び大学院と一貫して税理士になるコースを選択して、希望を実現してもらいたいと思います。平成28年10月 2日(日)平成29年 1月22日(日)平成29年 3月 3日(金)経済学研究科経済学専攻 計10名一 般 選 抜 社会人選抜  小論文・口述試験シニア選抜 入試日程募集人員試験科目※詳細は募集要項でご確認ください。VOICE■ 高度な研究のための充実した環境■ 税理士試験科目免除について■ カリキュラム産官学の連携を通じた地域社会のニーズに応える教育・研究多種多様な分野での研究目的を持った社会人の能力開発小規模・少人数制の利点を活かした、丁寧な教育・研究指導

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 37

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です