CKU2017_digital
36/52

会計税務の科目を中心とした履修プログラムで教育・研究指導を受け、税法、会計学等をテーマとした修士論文に取り組みます。税理士試験が一部科目免除となるカリキュラムを実施しています。大学新卒者だけではなく会計事務所での実務経験者も対象です。経済の動きを理論的、実証的に研究し、それを現代社会に活かせる人材を養成します。企業経営分野の研究に取り組み、高度な専門知識を持った企業人を養成します。公共政策や地域政策を中心とした履修プログラムで教育・研究指導を行い、公務員等を養成します。社会保障に関連した履修プログラムで教育・研究指導を行い、社会福祉のエキスパートを養成します。さらなるスキルアップを目指す多様な4つの専門コース何を学べるの?大学卒業後に、学部で修得した知識をさらに深めて、専門性を必要とする職業につきたい人や、さらにスキルアップを目指す社会人を養成する場が大学院です。大学院35アドミッションポリシー経済学研究科修士課程(経済学専攻)Graduate school会計税務コース経済理論コース経営理論コース公共政策・社会福祉コース 社会の進展には目覚しいものがあります。経済理論、経営理論、公共政策・社会福祉、会計税務の各分野において、理論的・実証的に研究を行い高度な専門的知識やマネジメント能力・スキルを身につけることが求められています。 本大学院は、このような専門的知識・能力を身につけた高度専門職業人の養成の場を提供し、具体的な入学者として次のような人材を念頭においています。1.高度な専門的知識を身につけることに意欲を持つ人2.政策の企画立案についての能力を高めたいと望む公務員や公務員を目指す人3.自己啓発に努め、幅広い学識を深化させたいことを望み、学問的探究心のある人4.少子高齢化が進む中で社会保障についてさらに高度な知識を身につけたいと望む人5.税法や会計分野の研究に取り組み、高度専門職業人である税理士等を目指す人

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 36

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です