CKU2017_digital
31/52

 現代経済学ゼミに所属する学生は、自ら興味・関心のある現代経済・社会について調査分析し、その成果を資料にまとめ報告することが求められます。実際、3年生は共同研究の成果を大学祭で報告し、また4年生は個人研究の成果を卒業論文にまとめ卒論発表会で報告しています。このゼミを通じて、研究とは自ら新たな知見を得ることだと実感できるでしょう。 ゴールにより速く、より的確に近づくためには、何を、どのように、どの順番で実行していけばいいのでしょう? 仕事、勉強など、どんな場面でも、目標を達成するために必要なことをリストアップし、その実行方法を考え、その優先順位を見極め、実行する力が必要です。  小野ゼミでは会計学を題材に、そんな力を付けることを目標とします。 近年、日本の労働市場をとりまく環境は大きく変化しています。例えば、働く人の4割が非正規社員という形態で働いています。 このゼミでは、日本経済が直面する様々な課題について、受講学生たち自身が発表し議論することで、現在の日本経済についての理解を深めます。 このゼミでは、学生のプレゼン能力の向上を主な目的としています。自分の考えをしっかりと資料にまとめ、的確に相手に伝え、質疑応答をしっかりとこなします。毎回決められた担当者を中心にそのためのトレーニングを行っています。 同じ業界で同じような品揃えをしている企業間で業績に違いがあるのはなぜでしょうか? こうした業績の差異に影響を与える経営戦略や持続的な競争優位の源についてゼミ生各自が興味のある企業や業界を題材に研究を進めています。 経営組織論ゼミの目的は、組織や人材マネジメントに関する専門知識の習得とその活用にあります。習得した知識を活かして、企業をはじめとした組織の行動を分析するとともに、グループを編成し、組織的な活動を自ら体験するためのワークを積極的に行っていきます。経済学系ゼミ経営学系ゼミ CHIBA KEIZAI UNIVERSITY 2017 30Small is beautiful.自ら新たな知見を得る(ゼミは自ら新たな知見を得る機会となる)藤生ゼミいつでもどこでも使える力をつける!小野ゼミ東ゼミ黒川ゼミ仁平ゼミ藤波ゼミ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 31

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です