CKU2017_digital
27/52

CHIBA KEIZAI UNIVERSITY 2017 26Small is beautiful.経済学科 学びのポイント在学生の言葉 経済の知識を身に付ければ、将来どんな職業に就いても必ず役に立つと思い、経済学科に進みました。実際、新聞の経済欄の内容はほぼわかるようになりました。 「地域経済論」の授業では、ボランティア活動や教室外での活動など、周辺地域を対象にした内容が多かったです。その授業で学んだことを活かし、所属の料理研究部で大学近くの商店街と一緒にオリジナルメニューを開発し、大学祭や学食での販売につなげるなど、生きた経済を実感することができました。ゼミでは、海外で現地の学生に英語で講義をしたり、ホームステイをしたりといった活動の予定もあります。 こうした体験を就職活動にも活かし、卒業後は胸を張って、千葉経済大学の卒業生だと言えるようになりたいと思います。経済学科での学びを通じて、地域とのコミュニケーションを実現 我々の住む社会では、労働力・資本や生産された財・サービスなどの資源には限りがあり、そうした状態を「希少性」と呼びます。希少性という条件のなかで、消費者、企業、政府などのさまざまな経済主体が活動しており、各主体の行動が相互に影響を与えます。■経済学は、以下のような問題に対する答えを与えてくれます。● 経済主体は、どのように意思決定をするのだろうか?● 経済主体は、どのように影響しあうのだろうか?● 経済は、全体としてどのように動いているのだろうか?■経済学は、お金や株という問題にとどまらず、社会的な営みに関わる全般的な問題を解決する道筋を与えてくれます。VOICE時限月火水木金インターンシップⅡファイナンス論Ⅰ経営戦略論Ⅰ地域経済論Ⅰマーケティング論Ⅰ統計学Ⅰ日本経済論Ⅰ計量経済学Ⅰキャリア・アップⅠ国際経済学Ⅰ123453年次前期時間割専門演習Ⅱ経済組織論Ⅰ産業組織論Ⅰ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 27

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です