CKU2017_digital
23/52

一般教養+専門分野 CHIBA KEIZAI UNIVERSITY 2017 22Small is beautiful.■実社会での存在感■日本の企業が必要とする人材を育てる■これからの日本経済に必要な勉強経済学部を選択するメリット在学生の言葉 商業高校の1年次に簿記検定に合格したことから簿記に興味を持ち始めました。高校時代では全商簿記2級と全商簿記会計部門1級を取得し、さらにスキルアップを目指し千葉経済大学に入学しました。 千葉経済大学は高校時代に取得した簿記検定を単位認定してくれる制度があり、おかげで1年次から上級レベルの簿記の授業を受けることができました。さらに資格取得に関しては少人数授業や夏期講習でしっかりサポートしてくれます。 上級生と同じ授業を受けることもあり、授業についていけるように予習・復習をする習慣がつくなど、自分自身1年でとても成長したと感じています。少人数教育、単位認定、夏期講習など授業のサポートが充実しています 我が国の大学卒の求人倍率(民間企業の求職者に対する求人数の割合)は全労働者平均を上回っています。また、業種別では、流通業や製造業の求人数が多くなっています。これらの業種では、経済学部出身者が多く働いています。 中小企業は、我が国の全企業数の99.8%を占め、労働者数では全労働者数2/3を越えます。本学の卒業生の多くが堅実な地元の中小規模の企業に就職しています。本学の卒業生が就職実績を残してきた分野での求人が、今後の日本経済でさらに増えることが予想されます。本学は、日本の経済や企業が必要とする人材を育てています。 これからの日本経済が直面する課題は、人口減少、少子高齢化、財政赤字、貿易自由化、企業間競争の激化、環境問題などがすぐに思いつきます。これらは全て経済学や経営学と関係する課題です。10年後、20年後、課題に直面した時、それを乗り越える力や資質を磨く為に、経済学や経営学は役立ちます。VOICE

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 23

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です