トップニュース一覧キャリア別コースからのメッセージ ~会計コース、教職コース~

キャリア別コースからのメッセージ ~会計コース、教職コース~

7つのキャリア別コースをさらにわかりやすくご説明するために、今年度のオープンキャンパスでは、各コースの責任者がその目標や内容などを紹介するプログラムを新たに加えました。

7月23日(日)に開催される第3回オープンキャンパスでは、「会計コース」と「教職コース」の紹介を予定しています。
ここではひと足早く、会計コース責任者である小野先生、教職コース責任者である山岡先生へのインタビューにより、両コースの特長、特に教育力をご紹介します。


小野 正芳先生 「専門能力と普遍能力の両方を手に入れよう」 ~会計コース~
--先生の研究分野を教えてください。また、研究対象や担当科目は、社会とどのような関連を持っているのでしょうか?
「研究分野は会計学です。利益って何だろう?と、いつも考えています。皆さんは、利益は何のために計算すると思いますか? 経営者が自分の会社の儲け具合を確認するために計算する、くらいに思っていませんか? 実は全然違っていて、利益計算は経済社会全体を安定させるために必要なとても重要なものなのです。」

--講義は初級簿記、所得税法、簿記答練などをご担当ですが、どのようなことを教えられるのでしょうか。
「会計を仕事にして、社会と関わっていこうと考える場合、2つのことができるようになる必要があります。
1つは〈会計情報を作る力〉をつけることです。具体的には、利益がいくらかを計算する、財産をどれだけ持っているかを計算する力をつけるということですね。この会計情報を作る力を、初級簿記・中級簿記や簿記答練という講義の中でつけてもらいます。また、税金に特化した情報作成については税法の授業で学んでもらいます。もう1つは〈会計情報を読む力〉をつけることです。こちらはゼミで学んでもらいます。」

--ゼミで学ぶ〈会計情報を読む力〉について教えてください。
「先ほどは株主が利益情報から会社の状況を読み取る例を出しましたが、会社に関わるいろいろな人がいろいろなことを知りたいと思っているはずです。
経営者は今後の経営戦略を考えるときに現状を知りたいでしょうし、従業員は取引先がきちんと代金を支払ってくれる財務状況にあるかということを知りたいでしょう。商品を渡しても、お金をもらえないのでは話になりませんからね。また、自分の給料が会社の業績に照らして適当かということも知りたいかもしれませんね。
つまり、様々な場面で会計情報を読みこなさなければなりませんこの力をゼミでつけてもらいます。もちろん、ゼミだけで読む力をつけるのは難しいですから、初歩的な読む力をつける講義も開講しています。」
 

小野先生2

小野先生講義中_2



--最後に会計コースに所属する学生や、会計コースに興味を持つ高校生にアドバイスをお願いいたします。
「成せば成る。自分の限界を決めるのは自分です。もうダメだと思った瞬間に、それ以上の力をつけることはできません。
簿記の勉強は難しいというイメージを持っている学生さんが多いとよく聞きます。でも簿記は利益がいくらなのか計算するという、家計簿の域を少し超えたものでしかありません。“儲けを計算しようとしているにすぎないんだし、そのうちできるようになるさ”、というラクな気持ちを持てるようになることが大切だと思います。気持ちがラクになれば続けられるようになりますし続けることが力をつけるための近道です。」
 
--ありがとうございました。




山岡 昭吉先生「確実に実力・実践力が高まる教育」 ~教職コース~
--先生がご専門とされる研究分野を教えてください。
「諸能力を高めていく指導方法の研究です。」
 
--講義は社会科教育法、教育実習、社会科・公民科教育法などをご担当ですが、どのようなことを教えられるのでしょうか。
「教育現場でも対応できる教育実践力の基礎を確実に身につけるための社会科教育を行っています。」
 
--ゼミは現代社会と企業をご担当ですが、どのようなことを指導されるのでしょうか。
現代社会を現実的にけん引している企業の活動をいろいろな側面から検討することを通して、現代社会をリアルに理解できるように指導しています。」
 

山岡先生

山岡先生2

--先生の講義やゼミは、教職コースでの学修とどのように関係しているのでしょうか。
「社会科を中心に扱うので、社会の諸側面を実態的につかむために、観察や探求などを詳細に丁寧に行わせ、その過程で諸種の能力を確実に身につけられるように、学生への個別指導も多く行っています。」
 
--先生が教育で最も重視していることはなんでしょうか。
「学生目線に立ち、学生が真に納得する理解・習得を目指すことです。」
 
--最後に教職コースに所属する学生や、教職コースに興味を持つ高校生にアドバイスをお願いいたします。
「教職コースは、人を育てることに大きな関係があるコースであり、粘り強さが求められます世話好きな人、コツコツと努力を続けられる人に向いています。」
 
--ありがとうございました。
オープンキャンパスのプログラム内容はこちらからどうぞ。

前のページに戻る

〒263-0021 千葉市稲毛区轟町3-59-5
電話番号
043-253-9111(大代表)
043-253-5524(入試広報センター)

LINE

スマートフォンはこちらから

  • Copyright CHIBA KEIZAI UNIVERSITY, All Rights Reserved

    個人情報取り扱いについて

    PageTop