トップニュース一覧硬式野球部 千葉県リーグ春季第二節 千葉科学大学戦 試合報告

硬式野球部 千葉県リーグ春季第二節 千葉科学大学戦 試合報告

前節をサヨナラで落としてしまうという悔しい結果で終わってしまい、今節こそ勝ち点を取るために全員野球で挑んだ。
2節 VS千葉科学大学

1回戦 ○4-0
千葉経済大 00000 0400|4
千葉科学大 00000 0000|0

 前節に先制の重みを知り、先制点をと挑んだ。四死球やヒットなどでチャンスを作るが1本が出ず、要所を抑えられてしまい0点が続いた。それでも先発の鵜瀬は6回まで3塁を踏ませない完璧なピッチングを見せ味方の援護を待った。
 そして7回、先頭の尾崎がヒットで出るとその後長単打が生まれこの回4点を挙げた。最終回、満塁のピンチをまねいてしまうが要所を抑え、完封で勝利を収めた。

鵜瀬

鵜瀬祐介(11)
最終回以外を完璧に抑へ攻撃にも勢いをつかせる投球を見せ、完封で勝利を収めた。

荒井

荒井佑人(7)
今節からスタメンに抜擢され、この試合では3安打猛打賞の活躍を見せた。
2回戦 ○5-1
千葉科学大 00000 0010|1
千葉経済大 04000 100×|5

 勝ち点を挙げて勢いに乗りたい2戦目。2回先頭の寺川が四球で出塁すると犠打・盗塁で3塁まで進むと荒井が犠牲フライで1点を先制する。続く尾崎がヒット、久保がタイムリー、続く大谷がランニングホームランを打ち、この回一挙に4点を挙げた。6回にも坂本の長打、荒井の犠牲フライで1点を取った。
 先発の橋詰は7回まで完璧な投球を見せた。8回では投球が乱れ1点を返されてしまうが後続を抑え、勝ち点を取った。

橋詰

橋詰循(21)
雨天の中を投げ抜き、前節での降板の悔しさを晴らす投球を見せた。

大谷

大谷瞭平(1)
前節で1試合3安打の活躍を見せ、今節でもランニングホームランを放つ活躍を見せた。

前のページに戻る

〒263-0021 千葉市稲毛区轟町3-59-5
電話番号
043-253-9111(大代表)
043-253-5524(入試広報センター)

LINE

スマートフォンはこちらから

  • Copyright CHIBA KEIZAI UNIVERSITY, All Rights Reserved

    個人情報取り扱いについて

    PageTop