トップニュース一覧硬式野球部 千葉県リーグ秋季第二節 千葉大学戦 試合報告(2014.9.22)

硬式野球部 千葉県リーグ秋季第二節 千葉大学戦 試合報告(2014.9.22)

1節の千葉商科大戦で、9回に四球とエラーからサヨナラ負けで勝ち点を落とした悔しさを肝に銘じて全員で鍛え直し、第2節の千葉大学戦に臨んだ。
2節 VS千葉大学
1回戦 ○4-1
千経大 000 001 012|4
千葉大 000 010 000|1

 先発した鵜瀬が、初回に先頭バッターにヒットと盗塁でピンチとしたが、後続を落ち着いて2三振などで打ち取る。その後はテンポよく後続を抑えていたが、5回に1死から四球とライト前ヒットとで1・3塁とされ、次打者のセカンドゴロで1点を与えてしまう。
 しかし6回に先頭の福原が四球で出塁し、豊田のバントで2塁に進む。寺川はアウトになったものの、大谷、久保田が連続で四球を選び満塁のチャンスを作る。ここで相手の投手が動揺からかボークをしてしまい、福原が還り同点となった。
その後チャンスは作るも、久保田、富樫の走塁判断ミスで自らチャンスを潰してしまう。どうにか8回に豊田の四球と盗塁でチャンスを広げ、大谷のライト前タイムリーで豊田が生還し2-1とし勝ち越す。さらに9回には2死から渡邉がレフト前ヒットで出塁し、続く荒井も四球を選び1・2塁とし、代打斎藤がレフトオーバーの2塁打を放ち4-1とした。
 投げては、鵜瀬が7回を1失点に抑へ、救援した久保も8・9回をそれぞれ3人で完璧に抑えて先勝した。

鵜瀬

鵜瀬裕介(2年)
今節は1回戦の先発。5回に1点こそ与えてしまったものの、6・7回は完璧な投球を見せた。

大谷

大谷瞭平(3年)
1―1で迎えた8回表、2死2塁の場面でライト前にヒットを放ち、豊田が生還し2―1と勝ち越しに成功する。
2回戦 ○8-0
千葉大 000 000 0|0
千経大 160 001 ×|8

 リーグ戦、初先発の舩山(1節は登録ミスのため出場出来なかった)が、緊張からか先頭打者に4連続ボールの四球を与えてしまうも、後続を打ち取る。2回からは制球も定まり立ち直り、5回まで四球2つを与えたが、ノーヒットの好投で無失点に抑える。
 攻めては初回に、豊田が四球で出塁し盗塁に成功、寺川がバントで3塁に進め、迎えた大谷がセンターに犠牲フライを放ち、豊田が生還し1点を先制する。2回には山本が四球で出塁し、渡邉、荒井、寺川、大谷、久保田、富樫の6長短打などで、一挙6点を奪う。6回にも荒井の四球、福原のライト前ヒットと盗塁でチャンスを広げ、豊田のレフト犠牲フライで8点目を挙げた。
 6回からは、救援した橋詰が6・7回を四球や安打でピンチとしてしまったが、要所を持ち前のストレートで無失点に抑えて、千葉大に連勝し1つ目の勝ち点を挙げた。

舩山

舩山慎太郎(2年)
リーグ戦初先発に緊張こそしたものの、終わってみれば5イニング・被安打0・無失点と勝利に大きく貢献した。

久保田

久保田勇眞(4年)
2回裏4―0とリードし、1死1・2塁のチャンスでライトオーバーの2塁打を放ち2打点を挙げる。守備では7回、橋詰が無死でピンチを作ったが好リードで後続を抑えた。

前のページに戻る

〒263-0021 千葉市稲毛区轟町3-59-5
電話番号
043-253-9111(大代表)
043-253-5524(入試広報センター)

LINE

スマートフォンはこちらから

  • Copyright CHIBA KEIZAI UNIVERSITY, All Rights Reserved

    個人情報取り扱いについて

    PageTop