トップ学部・大学院インターンシップ

インターンシップ

インターンシップとは

■インターンシップ
インターンシップとは、「働く」ことを理解するために企業や行政機関など様々な職場で実際に行う「就業体験」のことです。実際に企業等で働くことで、仕事や企業に対する理解を深め、実社会への適応能力を身に付け、将来自分のやりたいことを明確にすることができます。また、職業の選択能力が磨かれ、やるべきことを発見してその後の勉学への取り組み方が変わるなど目的意識をもつ良い機会となります。

インターンシップ図①

■インターンシップの種類
インターンシップにはその目的に応じて大きく三つのタイプがあります。

インターンシップ図②

■インターンシップ参加で得られるもの
①より具体的な企業研究ができる
 人事や社員の方に直接質問できるので、企業にとって良い話だけでなく、課題や抱えている問題なども率直に質問できます。また、そこで働く人の雰囲気や社風など、ネット上では知ることのできない情報が得られます。
②自己成長を実感することができる
 5日間以上のインターンの場合、得た経験や実績をそのまま就職活動でアピールすることができます。今の自分に足りないものを補うために挑戦することで、実体験に裏付けられたエピソードには自己PRとして強い説得力が生まれます。
③ビジネスマナーや常識などの社会性が身につく
 社会人と接することで座学では限界のある振る舞い方を身体で習得できます。
④採用選考の前にチャンスを増やせる
 インターン参加者の中から内定者が出ているという事実が様々なデータから明らかになっています。実習を通して企業をより深く知ることができるため志望動機が明確になるのに加えて、参加中に時間をかけて評価してもらえるからです。

インターンシップの流れ

インターンシップの流れ

■本学のインターンシップ3つの特徴
その1:PDCAサイクルにのっとったインターンシップ実習を実施します
 実習の前後で集合講義を行います。実習前にインターンの目的、課題の把握をしっかり行い、個人ごとに実習目標を立てて臨みます。実習後は設定目標に対する振り返りと自己評価、今後に向けての新たな課題を設定して来たる就活への備えとします。
 
その2:キャリア別コース制と連係し、関連分野でのインターンシップを実施します
 コースに関連した分野のインターンシップに参加することで、現在学んでいる専門分野により主体的に取り組むきっかけとなることを目的とします。応募先を検討・決定する際には所属コースの指導教員が面談による「指導・助言」を行い、進路についてサポートします。
 
その3:個人やグループでのワーク、プレゼンテーションなど「体験型」授業を実施します
 キャリア別コースごとに編成されたチームで、課題研究や発表を行い、学習内容の理解が深まるよう実践的な授業を展開します。また、後期に課外授業として行うインターンシップ報告会でのプレゼンテーションなど、より実務を想定した経験を得ることができます。
■平成27年度インターンシップ参加者の状況

インターンシップ図③

学生VOICE

川瀬さん

K.Y.さん
平成28年度卒業(志学館高等部出身)

川瀬さん

君津市役所でのインターンシップ
 君津市役所の会計課で延べ三日間、インターンシップを経験させていただきました。私は生まれも育ちも君津市です。子どもの頃から慣れ親しんだ地元の自然が好きですし、太陽光発電の普及を通して「自然との共生」と「新エネルギーの実用化」を両立しようという取り組みに共感しているので、君津市役所への就職を希望しています。
 仕事内容は、収入・支出伝票を検算・確認し、現金(通帳)と帳簿(システム)が合っているか、正しく公平に執行されているかをチェックするというものでした。扱っているのは公金なので、その公金を支払う際に書類が正しく書かれているか、予算額が正しいかを確認したとき、今までに経験したことのない責任の重さを感じました。この仕事を通して、「責任とは何か」を学ぶことができたと思います。「君津市役所に就職したい」という気持ちが一層強くなり、公務員試験へのモチベーションも確実に上がりました。

インターンシップ 学生

東葉高速鉄道でのインターンシップ

インターンシップ 学生の声

I.R.さん
平成27年度卒業(千葉経済大学附属高等学校出身)
 東葉高速鉄道㈱で2日間、インターンシップをさせていただきました。鉄道の仕事は子どもの頃からの夢。この体験を通じて、その夢が具体的にイメージできる ようになり、改めてこの夢を絶対に叶えようと決意しました。キャリアセンターの方々が様子を見に来てくれて、何かと気にかけてくれたのも、とても心強かっ たです。
〒263-0021 千葉市稲毛区轟町3-59-5
電話番号
043-253-9111(大代表)
043-253-5524(入試広報センター)

LINE

スマートフォンはこちらから

  • Copyright CHIBA KEIZAI UNIVERSITY, All Rights Reserved

    個人情報取り扱いについて

    PageTop